ラストエグザイルが楽しすぎる

ラストエグザイルというアニメを動画配信サイトで視聴しました。前から動画で配信されているのは知っていたんですが、評判をチェックしてみると、評価がキッパリ割れていたんですね。面白いって人もいれば、逆に全然面白くない・つまらないといった意見もあって、観ようかどうか迷ってたんです。でも気になるし、なら1話だけ観てみようと思い観てみたら、これが非常に面白くて、全話購入して一気に楽しんでしまいました。

ラストエグザイルはスチームパンク作品です。スチームボーイっぽい雰囲気と言えば分かるかと思います。蒸気機関が発達した未来、ヴァンシップという空を飛ぶ乗り物で「運び屋」を営む二人の主人公、クラウスとラヴィは、ある方から手紙の配達を依頼されました。そこから戦争へ、更に巨大なギルドの陰謀へと巻き込まれていきます。エグザイルを探し求めるアルヴィスとギルドの関係、エクザイルがもたらす真の意味とは…と、観れば観るほど引き込まれていきました。スチームパンク好きならハマるかもしれません。

ただ、作品の評価が分かれているように、相当人は選ぶ可能性があります。と言うのも世界観の設定と人物の相関関係が少し複雑で、理解するのに時間が掛かるからです。また、ラストは人によって良くわからない展開になるため、中盤までは面白いけど終盤は失速、と言う評価もあながち間違いでは無いんですね。しかし、3Dをフル活用した映像の美しさは必見です。それだけでも私は観る価値があると思いました。